スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠山ライド

昨日は篠山で走ってきました。


朝9時に篠山口駅に集まった猛者達

早朝にゲリラ雨が降ったお陰で、少し涼しかった気がします。

最初は下り基調だったり、少し上ったりとアップダウンがたらたらありました。

まったり行くと、最初の上りに当たりました。

先頭から遅れを取り、やはり上りはまだまだですね

泣きそうになりながら、山登りをします。

もがくこと、20分ほど何とか山頂へ


この写真は少し下ったとこで撮りました。

印象はまたに登る岩谷峠よりも道がうねっていて、先が見えない分精神的にも肉体的にもキツかったです

平坦はほとんどインディゴ君が引き、登りでは、ほぼ先頭付近にいたのでなかなかパワフルにこいでました。

平坦は後ろを見ながらまったりペース

るり渓も無難に上りをこなし、無事に篠山ライド120キロは終わりました。

みなさんお疲れ様でした!!
スポンサーサイト

ブランク

1年のブランクを経てロードに乗りはじめて大体1ヶ月が経とうとしている。

ここで一年前の体の状態、メンタル面でどのような変化が起きていたか、記録しておこうと思う。



・体力の低下
 →ある程度速度を維持できず失速することがあり、置き去りになることが多くなっていた。

・腹筋、背筋の筋力の低下
 →走行中に手が痺れ(体重を腕と腰で支えているのが、腕で支えている比重が多くなったため)その上、腰痛が走り終わったあとに出るようになった。

・腕力の低下
 →ダンシング(立ち漕ぎ)でのダイレクト感がすっかり無くなってしまった・・・うにゃうにゃ外に逃げていってる気がする。

・足の裏の痺れ
 →これは自分のペダルを踏むポジションはつま先寄りなんですが、足の裏の筋肉も地味に使ってたってことなのかよくわかりません。

・1年前から比べて体重の増量
 →+5kg増えました・・・

・1年前も苦手だった登りについては、岩谷峠を登った感じだと、4kmの登り終わったな・・・とか思っていましたが、ペースはかなり遅かったものの、なんとかクリアしました。
 →平坦で納得いかず、登りで自信を取戻せるなんて自分自身意外だった。

・下りで、ほとんど突っ込めなくなってしまってました。
 →落車の心の傷は意外と深かったみたいです。おっかなびっくりコーナーを処理してるって感じですね・・・

【まとめ】
やっぱり一年も走ってないと、全体的に落ちてました。1ヶ月経っても課題が上記の通り山積みって感じです。
下りの恐怖心は別に下りで落車したわけではないのにな?と思いながらも久々で怖かったのかもって感じもします。
体力はもう走り倒すしかないかなって感じです。
総合的な筋力の低下についても、痺れや痛みが取れるまで、ある程度筋トレはしようとは思っていますが、1年前みたいにバリバリの平坦仕様の体作りはしないで、筋トレも抑えつつ乗る距離を増やそうかなと思っています。
体力も筋力も振り出しに戻ってゼロからやり直しってわけではないけど、どうしてやろうかと今から構想が膨らむばかりです。

テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

ご報告

久々でどれぐらいの人が見てくれてるかわかりませんが、日記更新です。

先日、5/31の夕方17:55に親父が天国へ旅立ちました。

3年前に膀胱癌になり、10時間にも及ぶ大手術をして、何とか生き延びた親父に去年の9月、転移が見つかり、場所は『骨』でした。
医師に下手をすれば、3ヶ月、今年は持たないと言われ、
それを超えて8ヶ月も親父はがんばってくれました。
親父には何も言わず、入退院を繰り返しながらがんばっていました。入院中は会社の休みの日は必ず顔を出して、何を話すでもなく病気と闘う親父を見守ってきました。

親父はむちゃむちゃ我慢強くて今年の1月末まで会社にも出て仕事していました。

でも、4月下旬には足が不自由になり、病院に入院することになり、そんな中でもがんばっていました。
体調のいいときは車イスに乗って院内や外に出て散歩をしたり、みんなでケーキを食べたり。
親父も楽しそうにしていました。

旅立つ三日前には、ぼくと弟を呼び寄せて、力のない声で「がんばれよぅ~」と言って、おかんにも何かおかんにしか聞き取れない声で話していた。

その後、眠りたいと言って薬を貰って、眠ってそれっきり意識を取り戻すことはなく、最後のことばを残して、旅立っていきました。

弱音を吐いてたときもあったし、ぼくらの想像を絶するぐらい痛くて、本当に辛かったと思う。

大好きだったゴルフにも行きたかっただろうし、諦めたかったことはたくさんあっただろう。
完治したらやろうと思ってたこともたくさんあったと思う。

痛みをわけてくれるなら、わけてほしかった。

代われるなら、代わりたかった。

もっと生きてほしかった。

なにもできない息子でごめんね。

入院中、たくさんの人が見舞いにきてくれました。

その都度、親父が自分の携帯で写メを撮って、見舞いに来てくれた人と握手していました。

親父にとってすごい力になったと思います。

親父に代わって、本当にありがとうございました。

親父が闘病中は何もする気がおきなくって、自分自身本当に辛かった。

毎日乗ってた自転車もすっかり乗らなくなってしまってました。

親父が旅立って一週間が過ぎ大分気持ちも前向きになってきました。

今日はほこりを被っていた自転車を磨いてピカピカにしました。

まだまだ、完全復活には時間が掛かりそうだけど、少しづつ気持ちを整理していきたいと思う。

最後に、なんかさよならって言ってるみたいで親父が生きてるうちに言えなかった言葉

「ありがとう 親父」

残念無念

ご無沙汰してます。

今更ですが、あけましておめでとうございます!

近況報告をしますと、毎週病院に通ってなんとか手術はしないでいい距離まで、回復してきましたヽ(;▽;)ノ

と言ってもまだまだ骨方は出来てきていませんf^_^;)

骨折していると言っても、悲しいぐらいに痛くありません(*^o^*)

本当に折れてるのかって、思うほどに取り合えず自転車に乗りたいです(o^^o)

さて、タイトルですけど、四月に予定していた、パナソニックヒルクライムをキャンセルさせて頂くことにしました(/ _ ; )
予定では三月中には、復活できそうなんですが、うまく治ってくれるかもわからないので、今回は大事を取ってキャンセルしました(^◇^;)

六月にあるハリチュウには出ようと思ってます♪(v^_^)v

ボキっと!

年末になんとも景気のいい話ではないのですが、23日に落車しまして・・・

顔を3針縫う怪我と、鎖骨折っちゃいました

IMG_6807.jpg

若干粉砕気味で手術するかしないか、微妙なラインだそうなのですが、手術はしないで保存療法?をすることに

上のレントゲンは落車後すぐに撮ったレントゲンなので、今は少しはマシになってますが、それでも全治3ヶ月掛かるみたいです

顔の傷は小さかったので傷跡は残りそうもありません

鎖骨が繋がるまでは、しばらく自転車はお預けです

IMG_0021.jpg

うれしいことに落車による自転車のダメージはこれだけ

フレーム無傷!まさに奇跡

鎖骨治ったら復活ライドを考えてますので、よかったらみなさん一緒に走って下さい

それでは、よいお年を
プロフィール

たなちゅう

Author:たなちゅう
兵庫県の南部でロードレーサーをやっております。
風!坂!そして、体重と戦いながら自転車生活を楽しんでおります。
ブログを通して色々な方々と交流できたらなと考えております。
ツーリングのお誘いもしていただけると嬉しいです。

↓ブログランキングに参戦中!↓
↓↓  ポチっとお願いします  ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
TREview

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:  カウンター:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。